2007年 06月 21日 ( 1 )

ガブリエルの体調

2週間前の週末、いつものようにお散歩へ行って、ゴハンも食べて、
ウチの中で運動会もして、さあ、寝ましょう、と思ったら・・・。
なんかガブの様子がヘン!!
硬直したように動かずに震えている様子。
沈鬱なようすで苦しそう・・・。
どうしたのかな、と抱き上げようとすると、そろそろと膝の上に
乗ってきました。
硬直している!
ずーっと小刻みに震えている!!
ハアハア息遣いも荒いみたい!!
どうしたのー?!

週末のカミナリが怖くて心理的ショック状態なのかな?
何かヘンなものを食べちゃったのかな?
どこかでウイルスにかかっちゃったのかな?

しばらくしたら震えは治まったようで、いつものように
ハウスで寝てました。
翌朝は元気ではないけれど、少しは動くので安心。
でも、しっぽは丸まってるし、時々震えるし、おかしい・・・。
翌日、近所の東3丁目クリニックへ連れて行きました。
何故か、家から出たら震えも治まり元気・・・。
「気のせいかな?大丈夫かな?」
病院では触診していただきましたが、
「特に異常は無いですね~」
何故か元気になってきたし、もう、だいじょうぶかなぁ~?と、
思いながら帰宅。
でも、やっぱりしばらくすると沈鬱な様子で震えだす。
ぜったい、何かオカシイ。。。

そして、知人にご紹介いただいた病院へ行ってみました。
安田獣医科医院。
まず、レントゲン検査。
そしてその翌日には絶食した状態での血液検査。

レントゲン検査の結果、
CTやMRIを受けてみないと詳細なことは判らないけれど、
水頭症の疑いがあるとのこと。

血液検査の結果は、
肝臓機能の欠陥が少しあるかもしれないけれど、大丈夫とのこと。

ところがです。
検査に行った翌日から、ガブは急に元気になったのです!
沈鬱なようすも、震えも起きず、
元気に走り回っています。
おもちゃを振り回して遊んでます。
数日前の様子がウソのように食欲も出てきて元気いっぱい。

病院の先生は、「不定愁訴ですね。そういうこともあります。
しばらく様子をみて、また症状が出たら、考えましょう。」
とおっしゃってくださいました。
丁寧にご説明していただき、本当にお世話になりました。

水頭症と聞いたときは目の前がまっくらに。
小型犬に多い病気です。
脳室に水が溜まって神経を圧迫するために頭痛、視覚障害等が生じて
治療が難しいということです。

まだ可能性は否定できないけれど、今は正常だし、
もし、また具合が悪くなったら、
その時に精密検査を受けることにしました。

ガブが元気に走りまわっているのをみて本当に嬉しい。
いたずらでも、わがままでも、
ただ、ただ、健康でいてくれればいい。
そう、切実に感じた2週間でした。
[PR]
by 2000_11_03 | 2007-06-21 13:31